脳科学

脳科学

 

脳科学

 

私達の脳は3つの脳で構成されています。

 

・爬虫類脳  反射(脳幹)

・哺乳類脳  感情(大脳辺緑系)

・人間脳  理性(大脳新皮質)

 

脳科学

 

やる気が出ない。
なかなか行動に移せない。

 

あなたは、そう悩んでいませんか?

私も以前はそうでした。

 

そして、脳科学を勉強してわかりました。

 

やる気がでなくて、行動に移せない人の悩み

を解決するシンプルな方法は、私達人間の

3つの脳のメカニズムについて理解し、

理性(人間脳)ではなく、

感情(哺乳類脳)を味方にする

ことです。

 

そうすれば、あなたは、どんな状態でも

行動を起こして行けるようになります。

 

それによって、やる気も持続でき

その結果、あなたの夢や目標の実現が

驚異的に早まることをお約束します。

 

このことは私自身が人体実験をして

体感しました。

あなたの人生は、行動力で決まる!

あなたが行動に移すことで、望むことすべて

の実現が早まります。

 

なぜなら、この地球は、実際に行動したこと

体験したことが実現までの時間を

コントロールできるシステムになって

いるからです。

 

だから、人生は行動力で決まるのです。

私達人間は理性ではなく、感情に大きく影響

を受けながら毎日の行動を決めているのです。

 

そして、その感情は好き・嫌い、快・不快

などの両局があり、どちらにも影響を

受けています。

 

ですので、あなたが今すぐ取り組みたい

行動に、好きという感情・快の感情

プラスして組み込めさえすればいいのです。

 

ファイト

 

あなたがやりたい行動にと好きという

感情・快の感情をペタペタ貼っていく

イメージです。

 

なんだ!そんなことなのか?びっくり

されましたか?

 

あなたなら100%できます。なぜなら、

理由は次の2つです。

1.感情が「快」になったとき、

  やる気が出てきた経験を今までに

  持っているから

2.苦労する必要はなく、楽しいこと

  を見つけて行う作業だから

 

今までの私は自分の感情を無視して目標も

なく理性だけに頼った生き方だったの

でした。

 

そのことに気づいたのです。

脳科学について勉強してわかったのです。

 

脳の三位一体論

 

アメリカの医学博士、ポール・D・

マクリーン博士によって提唱された

「脳の三位一体論」の仮説によれば、

人間の脳は太古の脳を包むように新しく

付け加えるようにできていると考えられて

います。

脳科学

 

あなたの脳には、3人の住人がいるとイメージ
してください。

 

その3人はそれぞれ特有の強烈な個性を

持って、自分の欲求を一番に考えて毎日

暮らしています。

 

そして、あなたが直接的に話せるのは人間脳

だけです。

あとの2人は別人格だと思ってください。

 

3人

アンパンマン物語に例える

これをアンパンマンの物語に例えると、

爬虫類脳バイキンマン

(典型的ないじめっこタイプ)

バイキンマン

哺乳類脳ドキンちゃん

(楽しいこと大好きな天真爛漫タイプ)

ドキンちゃん

人間脳アンパンマン

(まじめな好青年タイプ)

 

アンパンマン

 

あの物語ではバイキンマンとドキンちゃん
がタッグを組んで必ずアンパンマンを
やっつけますよね(笑)
そうなんです。爬虫類脳+哺乳類脳が人間脳
より力関係で圧倒的に強いのです。
爬虫類脳+哺乳類脳>人間脳
19勝1敗ぐらいと言われています。

 

ですので、爬虫類脳もしくは哺乳類脳を

人間脳の見方につける必要が有るわけ

です。しかし、爬虫類脳のバイキンマンは

決して寄り添いません。

 

哺乳類脳のドキンちゃんはどうでしょうか?

ドキンちゃんが憧れてメロメロになる

登場人物がいましたね。

もう分かりましたよね。そうです。

 

食パンマンを上手く使うとドキンちゃんは

メロメロになり、何でも言うことを聞いて

くれます。

さらに、バイキンマンまで従わせます。

食パンマンバイキンマン

哺乳類脳は、

喜び、楽しみ、嬉しさ、幸せを感じる

ときのその状態をとします。

悲しみ、憎しみ、むかつき、寂しさ、

不幸せを感じるときの状態をとします。

 

人間の95%の行動は、無意識で行われて

います。爬虫類脳と哺乳類脳の支配下に

あるということです。

 

使命

 

哺乳類脳の快を得たい、そして、不快を避けたい

という根源的目的を突くことです。

 

つまり、あなたが行動しようとすることに、

好きの感情・快の感情に気づき、

次のようにすれば良いのです。

 

やりたいこと、やっておいた方が

いいこと=好き・楽しい・嬉しい・

爽快・充実・満足

 

解決策1

それでは具体的にどのようにすれば良いの

でしょうか?

それは、まず5分でもやってみること

です。

 

やってみれば意外と簡単に出来た!

というご経験を皆さんは体験されて

おられるはずです。

 

ほとんどの人が、やる気が上がらないから、

行動できないと言います。

 

しかし、それは誤解なのです。逆なのです。

行動するから、だんだんとやる気が
わいてくるというのが本当なのです。

 

初めはやりたくない、めんどうくさい、嫌だ

と思っていたことも、そこに興味や面白さ、

気持ちいい感覚を体験すれば、行動を続ける

ことが出来るということです。

目標を小さくして、大げさに快を味わう

ことも効果的です。

 

潜在意識(哺乳類脳)に、この行動はスゴく

楽しいぞ!と刷り込んでいくイメージです。

いわゆる成功体験を増やすことなのです。

さらに、行動の最後に、あ~楽しかった!

と一言つぶやいてから

終了することを習慣にしてみてください。

そうしますと楽しい!快楽!と潜在意識が

キャッチして楽しいことが継続出来るのです。

 

解決策2

さらにもう1つの方法は哺乳類脳を教育

することです。

 

テスト

 

それでは、今から下記のテストを

やって見て下さい。

 

楽や楽しいことが好き

面倒くさいと思いが多い

仕事で疲れやすい

好きじゃあないことはやりたくない(後回し)

苦手なことは逃げる(人にやってもらう)

今のままでいいと思う

10年後のことは考えられない

すぐに結果が出ないと嫌だ

自分だけ特別でいたい(自分だけ特別に扱われたい)

注目されたい、かまわれたい(守られたい)

ストレスが嫌い、責任が重いことが好き

視野が狭いので、全体が分からない

感情的で、感受性が高いことが好き

ドラマティックやロマンティックなことが好き

人に自分のことを話すのが好き

認めてもらわないと、または褒めてもらわないと怒る

いかがでしたか?

 

上記テストで8項目以上該当する方は

哺乳類脳を教育することが望ましいです。

 

哺乳類脳を味方につけることで、
爬虫類脳を従わせることができます。

 

ドキンちゃんバイキンマン

うつ消しスクールではこのやり方を

丁寧にご指導いたします。

 

いずれも習慣化すれば、哺乳類脳が

爬虫類脳を従えて人間脳に近寄って

きますので脳の三位一体の状態

作ることが出来ます。

 

これが行動を継続できる・やる気が

続くということ。

つまり、驚異的な行動力になるのです。

あなたが、驚異的な行動力を身につける

ことによって、

あなたの望むことすべてが、実現を驚異的に

早めるというわけです。

100%人生が変わることをお約束します。

 

無料セミナー

無料セミナー概要

セミナースケジュール

無料体験セミナースケジュール

経営理念

ビジョン

うつ消しスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です